難治性の“大人ニキビ”の症例がじわじわと増加している

20代、30代になってから出る難治性の“大人ニキビ”の症例がじわじわと増加している。10年もの間この大人のニキビに苦しまされている方々が当院を訪問している。
なんとなくパソコンの画面に集中し過ぎて、眉間に縦ジワを寄せ、尚且つ口元は口角の下がったへの字(余談ですが私はシルエットが似ているので「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)になっているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。
頭皮のケアは通称スカルプケアとも名付けられているお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は髪の毛の症状の代表である抜け毛や薄毛にとても大きく関わっていると供に、顔の弛みなどにも悪影響を及ぼすのです。
美白(びはく)という美容法は90年代後半に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子の活躍とともに流行ったのは記憶に新しいが、それ以前からメラニンの沈着が原因のトラブル対策のタームとして採用されていた。
押し返してくる弾むような肌のハリ。これを左右しているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの働きをするコラーゲンが下からお肌を持ち上げていれば、タルミとは無関係なのです。

容姿を装う

容姿を装うことで気分が良くなりおおらかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も差はありません。私たちは化粧を自分自身で元気を引き出せる最良の技術だと捉えています。
肌の美白ブームは、1990年ぐらいから徐々に女子高校生などに浸透したガングロなど、極度に日焼けする独特なギャルファッションへの批判的な内容が存在するのだ。
メイクアップのメリット:新しい商品が出た時のドキドキ感。自分の素顔とのギャップが楽しい。色々なコスメに費用をかけることでストレスを発散される。メイクアップ自体の興味。
そうした時に医者が利用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使用すれば約半年でほぼ全快に至ったケースが多いらしい。
特に就寝前の歯みがきは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、寝る前はちゃんと歯みがきをしましょう。しかし、歯磨きは回数が多ければ良いというものではなく、都度都度の質を向上することが肝心なのです。

メイクアップの欠点:涙が出るとまるで阿修羅のような恐ろしい形相になる。微妙にミスしただけでケバケバしくなって台無しになる。顔の造形をごまかすのにも甚だ苦労する事。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応と関係性のある事のうち皮ふの持続的な炎症(掻痒感等)が表出するもので要するに皮ふ過敏症のひとつである。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体に損傷を受けてしまった人のリハビリと同様、顔などの外観に損傷を受けた人がもう一度社会生活を送るために教わる技量という側面があるのです。
メイクアップのデメリット:昼にはお化粧直しをする必要がある。すっぴんに戻った時の落胆。メイク用品の費用が嵩む。すっぴんだとどこにも出かけられない強迫観念に近い呪縛。
メイクアップの長所:容貌が美しくなる。メイクも嗜みのひとつ。実際の歳より年上に見てくれる(10代から20代前半限定です)。印象を好みで変化させることが可能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする