日本人が「デトックス」に心惹かれる理由の一つは、

日本人が「デトックス」に心惹かれる理由の一つは、我々日本人が暮らしている環境の汚染だろう。空気や土壌は化学物質で汚れ、果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がふんだんに使われていると喧伝されている。
睡眠が不足すると皮ふにどういったダメージを与えるのかお分かりですか?その代表格は肌のターンオーバーが乱れること。正常なら28日毎にある肌の生まれ変わる周期が遅れてしまいます。
明治時代の末期、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらを総称する日本語として、美容がけわいの代替えとして扱われるようになったのだ。
メイクの欠点:ランチタイムにはお化粧直ししなくちゃいけない。素顔の時に味わうガッカリ感。費用が嵩む。ノーメイクでは出かけられない強迫観念にとらわれる。
美容整形をおこなう美容外科は、とどのつまり外科学の中の一つであり、医療を目的としている形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別のものだ。加えて、整形外科学と早とちりされがちであるがこれも全く分野が異なっている。

肌細胞の分裂

肌細胞の分裂を促進して、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している時間帯にはほぼ分泌されず、夜にゆっくり体を休め安らかな状態で出始めます。
軟部組織マニプレーションというのは近辺の筋肉や骨のせいで位置以上を起こした臓器を元々の位置に返して臓器の働きを高めるという施術なのです。
足などの下半身は心臓から遠いため、重力によってリンパ液の流通が悪くなることが一般的だろう。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパが少しだけ停滞しているというしるし程度に受け取ったほうがよい。
ネイルケア(nail care)は、手足の爪や指のお手入れ全般を指す言葉。健康、ビューティー、ファッション、巻き爪処置などの医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全などいろんな捉え方があり、もはやネイルケアは一つの確立された分野となっているようだ。
今を生きている私達は、1年365日体に溜まっていくという恐怖の毒素を、バラエティ豊かなデトックス法を用いて出し、なんとしてでも健康な体を手に入れたいと皆躍起だ。

肌の美白ブームは、1990年代の初めから次第に女子高生に受け入れられたガングロなど、不自然なまでに日焼けする奇異なギャルファッションへの対抗とも取れる考え方が含まれているのだ。
なおかつ、肌のたるみに深く関わっているのが表情筋。様々な表情を生む顔の筋肉のことです。コラーゲンと同じく、この表情筋の力も加齢とともに衰えるのです。
審美歯科は、第一に美しさを考えたトータルな歯科医療分野のひとつ。歯の持つ働きには咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、両方とも健康については外せない要素だと考えている。
現代社会で生活していく身の上では、体の内部には人体に悪影響をもたらすケミカルな物質が取り込まれ、さらに自分の体の中でも老化を促す活性酸素などが次々と作られていると言われている。
大体は慢性化してしまうが、しかるべき手当により症状・病態が管理された状態に維持できれば、将来的には自然寛解が望める病気なのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする